kazu2000のブログ

神社が好きで関西を中心に廻っています。kazu1000のブログ記事が満杯になりましたので、このkazu2000より引き続き投稿致します。

【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)大阪市北区(3/3)

【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。
毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。





901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。




所在地 :大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号






アクセス;
・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車
4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m
・JR東西線「大阪天満宮駅」下車
JR東西線3番出入口を出てす天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m






【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)大阪市北区 (2/3)

【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。
毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。




901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。






所在地 :大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号




アクセス;
・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車
4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m
・JR東西線「大阪天満宮駅」下車
JR東西線3番出入口を出てす天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m







【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)大阪市北区(1/3)

【大阪天満宮】(おおさかてんまんぐう)は、大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている。
毎年7月24日から25日にかけて行われる天神祭は日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つとして知られている。




901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである。




所在地 :大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番8号




アクセス;
・地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」下車
4番出入口を出てすぐの天神橋商店街に右へ、二ツ辻目を左へ50m
・JR東西線「大阪天満宮駅」下車
JR東西線3番出入口を出てす天神橋商店街に左へ、二ツ辻目を左へ50m





【松乃木大明神】(まつのきだいみょうじん) 大阪市西成区

【松乃木大明神】(まつのきだいみょうじん) 大阪市西成区



じゃんじゃん横丁のアーケードを「飛田遊廓」の方角へ歩いていくと【松乃木大明神】(まつのきだいみょうじん)があります。明治34年(1901年)当時三味線の原料になっていた猫の供養のために立てられた神社です。この神社から歩いてすぐのところに【飛田新地】があります。
飛田遊廓は、大阪市西成区の山王3丁目一帯に存在した遊廓、赤線。大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われました。現在もちょんの間が存在し、遊郭の建物が今も150軒以上残っています。通称「飛田新地」と呼ばれます。正式には、「飛田新地料理組合」です。




所在地: 大阪府大阪市西成区山王3丁目


阪堺電軌阪堺線「新今宮」駅より徒歩約6分












【大阪護國神社】(おおさかごこくじんじゃ)大阪市住之江区

【大阪護國神社】(おおさかごこくじんじゃ)大阪市住之江区



住之江公園および住之江競艇場に隣接している。正面鳥居は大阪府で最大の鳥居である。大阪府では、明治4年(1871年)4月10日に創設された真田山陸軍墓地の敷地内に招魂社が創建されたのが最初である。しかし、招魂祭は、西南戦争後は陸軍の拠点である大坂城内で、明治16年(1883年)以降は中之島に建立された明治紀念標前で、明治33年(1900年)以降は城東練兵場で行なわれていた。なお、正確な時期は不明であるが、真田山の招魂社は大正7年(1918年)までには廃絶されている。




住所:大阪府大阪市住之江区南加賀屋1


アクセス:大阪市高速電気軌道四つ橋線・ニュートラム 「住之江公園駅」からすぐ。